モーニング娘。2011春ツアー@びわ湖ホール

9期メンバーは是非見たい、と思っていたものの、℃-uteスマイレージ合同コンと被るので、5月の尼崎のチケットしか押さえていなかったわけですが、東日本大震災の影響で合同コンが中止になったので、e-plusで取り急ぎびわ湖ホールのチケットを取って見てきました。

ファミリー席を取ったら4階という超天空席でどうしようかと思ったけど、割と手頃な大きさのホールで、かつ4階の最前列だったので、割と見やすかったです。まあ、双眼鏡で見ているシーンが多かったけど。セットリストは以下の通り。

01.まじですかスカ!
02.Fantasyが始まる
オープニングムービー
03.THE マンパワー!!!
-MC-
04.女心となんとやら(高橋新垣道重田中光井)
05.1から10まで愛してほしい(9期ダンスのみ)
06.I’m Lucky girl
-MC-
「クイズ 先輩に聞きました~!」(新垣光井譜久村生田鞘師鈴木)
07.好きな先輩(譜久村生田鞘師鈴木)
08.リゾナントブルー(高橋新垣道重田中光井)
09.女と男のララバイゲーム
-MC-
(道重田中)
10.すんごいマイバースディ(光井譜久村鈴木)
11.涙がとまらない放課後→通学列車(道重)
12.レインボーピンク(道重生田)
13.Moonlight night ~月夜の晩だよ~(高橋新垣鞘師)
14.愛の炎(田中)
-MC-
「高橋9期メンバー質問コーナー」
15.もっと愛してほしいの
16.メドレー
泣いちゃうかも→しょうがない 夢追い人→女に幸あれ
17.LOVEマシーン
18.いきまっしょい!
19.恋愛レボリューション21
-MC-
20.涙ッチ

〔EC〕
-MC-
01.でっかい宇宙に愛がある
-MC-
02.ブラボー!

9期のデビューツアーと言うことで、やはりそちらに目が行きます。やっぱりまず触れるべきは、リーダー、サブリーダーとのダンス共演(13)で一歩も引くところの無かった鞘師ですかね。十分ためを張っており、見応えがあった。あれのせいで、観客に「次期エース候補」という印象を与えています。歌の安定度はそこまでは感じなかったし、表情の安定感も低かったけど、見事なダンスでした。

経験値的には高い譜久村は、色っぽさをそこかしこで発揮していたし、位置づけ的にも2番手で安定感を保っていました。鞘師が強烈な印象付けでその分割を食っているけど、初回のツアーであのレベルって、エッグ出身じゃないと出せないと思う。

生田は結構かわいらしいシーンもあったけど、ちょっとビジュアルに癖がある感じ。でも、何かのきっかけでもっと魅せる部分が出てくると思う。

鈴木はすでに体型がかなりボリューム感で、先行き不安。でも、頭の回転はかなり速い。昼は高橋愛が一問一答形式で掘り下げていくMCに割当たっていたけど、そこでの回答は新人とは思えない、しっかりした感じでした。

現メン的には、道重は相変わらず喋りが達者。あと、ガキさんがなんか雰囲気、特にメイクの雰囲気が変わって、可愛く感じました。

構成は、特に後半は最近のシングルをショートでつないでいく内容。この辺はまずはいろんな曲に慣れさせるという、促成栽培を意図したものでしょうかね。久しぶりのマンパワーが聞けたり、最後は「涙ッチ」が聞けたり、期待を外さない構成で楽しめました。9期4人の「好きな先輩」とか、目頭が熱くなったね。

構成的にも現メンと9期がペアになってのダンスとか、こういうのがモーニング娘。の継承だなー、と思ったり。なんか、心高ぶる、良いライブでしたよ。

モーニング娘。2011春ツアー@びわ湖ホール」への1件のフィードバック

  1. coccoo

    私も同じこと思いましたよ<mini美保カジVSえみカジ
    田中美保が1983年1月生まれで現在28歳、鈴木えみが1985年9月生まれで現在25歳と、その頃SEVENTEENを読んでいた20代後半を狙っているのでしょうかね。
    miniって10代後半~20代前半の女性が読むイメージでしたけど、読者と共に年齢層を上げているのかもしれません。

    an・an小嶋陽菜軽くレポ。
    本編に関しては下着とポージングがミスチョイス。
    特に黒のレースや赤のランジェリーは別に女性誌でやらなくても
    プレイボーイでやればいいことです。
    それよりも見開きのビオレボディウォッシュのPRグラビアの方をお勧めしたい。特に3Pの写真右。こっちの方がいいですね。
    他にはブラ特集のハーフ(クオーター?)モデルが様様な種類のブラをつけて谷間を見せているので、そっち方面が好きな人にはおすすめ。

    基本an・anはグラビアアイドルに対して寛容なんですよね。
    相澤仁美の競泳水着とか山崎真実のランジェリーカタログとか
    むしろ積極的に起用している気がします。
    どの雑誌もAKBグループが独占状態な今、an・anまで押さえに来るとは
    何も言えませんね。
    でもなあ、このグループ、後から入ってきた子たちや、支店の子たちの方がレベルが高いんだよなあ。
    どういった最後を迎えるかだけはとても興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です