投稿者「akarik」のアーカイブ

第18回ハロプロ楽曲大賞2019

ここのブログはこの話題でしか更新されない、毎年恒例のハロプロ楽曲大賞。今年は10曲選んで、6曲までの絞り込みには悩まなかったが、最後5位を入れ替えた。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 三回目のデート神話/つばきファクトリー(4.0pts)

一つ前のシングル収録の「今夜だけ浮かれたかった」と近すぎて、かつ全ての面でそれより弱かったため、支持が弱くなったのは残念だったけど、こういうマイナーメロディ、アップテンポの楽曲は大好きなのでやはり投票したくなる。これと「今夜だけ」が本編の最後に連続した秋ツアーの盛り上がりは、個人的に最高だった。

第2位 ニッポンノD・N・A!/BEYOOOOONDS(3.0pts)

ドラマ仕立てとか何らかのギミック入りの楽曲が続いたBEYOOOOONDS。これもまあ「令和にあえてTK」というギミックはあるんだけど、TK世代としては大好物なので投票。星部ショウさんの職人気質が良い結果を生んだと思う。

第3位 弱気女子退部届/カントリー・ガールズ(1.0pts)

梁川奈々美卒業の楽曲で「私辞めます」というストレートな歌詞なんだけど、成長を意味する歌詞に繋いだ、児玉雨子さんの上手さに感銘を受けた楽曲。

第4位 赤いイヤホン/アンジュルム(1.0pts)

「wireless」「bluetooth」言いたいだけやん、と思わせつつ、そこに束縛の愛を繋げてくる歌詞の持っていき方が結構好き。大久保薫さんのアレンジも不安感を印象付ける感じで合っていると思う。

第5位 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて/BEYOOOOONDS(CHICA#TETSU)(1.0pts)

こういう可愛い系の、つんく時代に「つんくの中学生が出ている」と言われたような楽曲の不足が今のハロプロの課題だと思うので(大げさ)、こういう曲を書ける人にはどんどん書いて欲しい。

次点

次点は「ポツリと」。ロックオペラっぽい?雰囲気がBuono!の「ゴール」を彷彿とさせて好きだったんだけど、12月のBEYOOOOONDSライブを見て、都営大江戸線と入れ替え。10曲選んだ残りは「トウキョウ・コンフュージョン」「夢見た 15年」「人生Blues」「夏色のパレット」で、「トウキョウ・コンフュージョン」は良かったんだけどPVに回してこちらは外した。「夢見た 15年」は入れたかったが…。

PV部門

第1位 ニッポンノD・N・A!/BEYOOOOONDS(3.0pts)

松岡茉優さんも「圧倒的な多幸感!」と書いていたが、まさしくそれ、というPV。特に廊下を歩くシーンが良い。そこで小林萌花さんに前列を譲っているいっちゃん含め。

第2位 トウキョウ・コンフュージョン/PINK CRES.(2.0pts)

廊下を歩くシーンが入ったPVが好きなのかも知れない私。これは楽曲の良さから楽曲部門に入れたかったが、溢れて泣く泣くこちらへ。あまり韓国アイドル方向に倒しすぎるより、こちらの方が嬉しいが、世間へのアピール的には難しいのかな。

第3位 眼鏡の男の子/BEYOOOOONDS(1.0pts)

ステージ発のこの楽曲をどうPV化するか、という問題に正解で答えたPVだったと思う。小湊鉄道で満員電車はないんだろうけど。

推しメン部門

宮本佳林

10月のソロライブで、改めてその才能に感服しました。SCRAMBLESに楽曲を発注したところも面白かった。もっとソロ活動が見たい。

スマイレージ/アンジュルム楽曲大賞2009-2019

ここのブログは楽曲大賞の話題でしか更新されないが、正直参加を迷った。℃-uteの時も5曲だったのだから、それで良かったと思うが、10曲は選びづらい。ということでギリギリで選んだのでコメントは軽めに。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 夢見る 15歳(6.0pts)

「デビルスマイルエンジェルスマイル」ツアーでのイントロのパフォーマンスが圧巻だった。

第2位 大器晩成(3.5pts)

新生アンジュルムの不安を吹き飛ばした楽曲。

第3位 プリーズ ミニスカ ポストウーマン!(2.0pts)

ドラマチックな展開とメロディ。

第4位 君だけじゃないさ…friends(2.0pts)

美しいメロディに引き込まれる。星部ショウさんのメロディセンスは凄いと思っている。

第5位 夢見た 15年(2.0pts)

花音先生の歌詞の言葉数の多さ(ぎこちなさ)がむしろ心を打つ。メロディも好き。

第6位 スキちゃん(1.0pts)

ライブでの盛り上がりが色々思い出される。

第7位 46億年LOVE(1.0pts)

「わかんなくても当然 ダイバーシティ 傷ついたら「傷ついたよ」と伝えられたら」の一節が大好き。

第8位 ドンデンガエシ(1.0pts)

会場を2分するペンライトでの応援が好き。普段は使わないペンライトもあの時だけは使う私。

第9位 糸島Distance(1.0pts)

相川さんのPVでの衣装が印象に残っている。

第10位 私の心 [福田花音](0.5pts)

好きな舞台「SMILE FANTASY!」で一番印象に残っているのがこの曲のシーン。

PV部門

参加断念。あまりPVを見れていないので。

推しメン部門

前田憂佳

やっぱり、あの可愛さは衝撃的だった。

第17回ハロプロ楽曲大賞2018

ここのブログはこの話題でしか更新されない、毎年恒例のハロプロ楽曲大賞。今年は6曲までの絞り込みにはあまり悩まなかったが、下位3曲のどれにするかでかなり悩んだ。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 今夜だけ浮かれたかった/つばきファクトリー(6.0pts)

PV見ずにハロコンで初めて見て、すぐに引き込まれた。歌詞の巧みさ、メロディの哀愁、アレンジの盛り上がり、どれも大好きな、今年の圧倒的な一曲。

第2位 ハンコウキ!/ハロプロ研修生北海道(2.0pts)

今年は山崎あおいさんが一気に入ってきた年だったが、切ない恋愛ソングも良いんだけど、こういう可愛いティーンの曲をもっと聞きたい。北研の初々しさとうまさを引き出した、佳曲。

第3位 43度/ハロプロ研修生(1.0pts)

往年のspeed「Too young」を彷彿とさせる、オケの疾走感が最高。花音先生の歌詞は若干マイナスだが(決めの歌詞が格好悪い)、それでもこの位置。

第4位 SEXY SEXY/Juice=Juice(0.5pts)

つんくのマイナーメロディ大好きっ子としては外せない。ツアーとかで見ても、全体に漂う妖艶な感じが魅力的。一番の最後をやなみんが締めるのも逆張りで面白い。

第5位 花が咲く 太陽浴びて/モーニング娘。’18(0.5pts)

これもつんくのマイナーメロディ。春ツアーのオープニングVTRからのこの曲の入り方は格好良かった。つんくの評価は、朝井柚木以降歌詞で語られることが主になっているけど、メロディメーカーとして、もっと語られて欲しいなー、と思っている。

次点

次点は「46億年LOVE」。間違いなく今年を代表する名曲で、下位2曲と迷ったけど、これはみんな入れるよなー、ということで外した。PVにもそれほど乗れなかったのもあって。後は「低温火傷」「青春Say A-HA」「タデ食う虫もLike it!」「明日テンキになあれ」辺りが候補だったけど、上位6曲とはそれなりに差があり。

PV部門

第1位 今夜だけ浮かれたかった/つばきファクトリー(5.0pts)

浴衣、外ロケ、ヘンテコダンス衣装という大好物がそろっていた。ドラマシーンからの突然マジ顔リップシンクとか、どこを切り取っても大好き。

第2位 I Need You ~夜空の観覧車~/つばきファクトリー(0.5pts)

とにかく今年のつばきはPVが可愛くて、正統派の道を広げようという意気込みを感じた。ベタなデートシーン満載のPVというのも他のグループでも見てみたい気もする。

第3位 デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい/つばきファクトリー(0.5pts)

こちらは白昼夢のようなデートシーンが、曲の寂寥感にあっていて良かった。

推しメン部門

佐藤優樹

自ら考えて行動してパフォーマンスの枠を広げようという、パフォーマーとして当たり前のことをきっちりやっている人。それが存分に発揮された、歌合戦のパフォーマンスには痺れた。