グラビア」カテゴリーアーカイブ

2012年に買った写真集・まとめ

MWAVEさんにコメントいただいてから大分経って、年も明けてしまいましたが、返礼もかねて、買った写真集それぞれにコメントをつけていきたいと思います。これもまたインスパイアされた結果ですが。

でも、その前に。私は割と企画物が好きで、多分サイゾーのグラビアを集めた、久家靖秀さんの「cover/girl」の発売が嬉しかった、のが始まりかも知れませんが、カタログ的ではない、コンセプチュアルな企画物はついチャレンジしてしまいます。でもまあ、当たりは少ないですね。

[amazonjs asin=”4847044622″ locale=”JP” title=”真野恵里菜 写真集 『 MANO DATE 』”]

この一つ前の写真集の好評さから、久しぶりに買ってみました。真野ちゃんの魅力は上手く切り取れていると思うし、良い写真集ではあるのですが、色々な活動で見られる魅力の、さらに上を切り取っているかというと、そこまで強い印象は無かったか。彼女のアイドルとしての完成度の高さからは、さらに上を求めてしまう。(90点)

[amazonjs asin=”4847044630″ locale=”JP” title=”工藤綾乃 ファースト写真集 『 ayano 』”]

アップトゥボーイの先行グラビアで印象が良かったので購入。女優として今後成長しそうなビジュアル、表情と、水着での肉体感のギャップ。正統派イメージを覆す、水着のがんばり具合が、良い意味で期待を裏切っていたので、強く印象に残っています。昨年一番のおすすめ。(100点)

[amazonjs asin=”4499230780″ locale=”JP” title=”ギャラリー オブ ザ ノーズアート クィーン: GALLERY OF THE NOSE ART QUEEN”]

戦闘機に描かれる女性画、をコンセプトにした写真集。そのコンセプトはすごく面白くて、購入はしたんだけど、詰めが甘いというか、徹底度が足りないというか、そういうビジュアルイメージでコスプレさせただけ、の写真集になっています。値段が高いのもマイナス印象。二作目が発売になっていましたが、そこまで付き合う気にはなれなかった。(75点)

[amazonjs asin=”4847044649″ locale=”JP” title=”鈴木愛理 写真集 『 この風が好き 』”]

鈴木愛理の魅力というのは不思議で、すごく美人というよりはかわいい系だし、そのかわいさもよく見ると弱点があったりもするのですが、なぜか惹かれる、そういう対象です。過去から写真集は何冊も出ていますが、彼女のビジュアルの精度が18歳になって高まってきているのと、素直な撮影でまとめている点が重なって、過去で一番好きです。(100点)

[amazonjs asin=”4905156084″ locale=”JP” title=”COSPLAY made in Japan (テキスト)”]

秦みずほの復帰作と言うことで、とりあえず買ってみたが、苦手なコンセプトだった。室内で、コスプレさせて、局部のアップ多数、ということで、私にとっては、あまり見るところも感じるところもない。好みでない写真集を買った私が悪い、という話。(60点)

[amazonjs asin=”4048954539″ locale=”JP” title=”アロハロ! ℃‐ute 写真集 2012″]

まあ℃-uteのファンなので、ファングッズなので買った、という要素が大きいけど、前作の「cutest」に比べると、特に水着写真のバリエーションに物足りなさを感じる内容だった。買い物シーンなど、日常を楽しめるカット多めで、そういう意味でも写真集と言うよりファンブックに近づいたのかも知れない。(90点)

[amazonjs asin=”4847044754″ locale=”JP” title=”橋本愛 写真集 『 あいの降るほし 』”]

今現在で、私がビジュアルを見て息をのむのは、橋本愛と三吉彩花が双璧なので、とりあえず水着無しでも買ってみました。で、息をのみっぱなしではあるのですが、やっぱり水着欲しいな、という思いは抜けない。あと、序盤が夜の写真で、その構成もちょっと苦手な部類。女優写真集、と思ってみて楽しむしかない。(95点)

[amazonjs asin=”4847044843″ locale=”JP” title=”成海璃子 写真集 『 RICO DAYS 』”]

成海璃子と川島小鳥の組み合わせ!面白そう!豊満な肉体も惜しげもなく披露!と書けば良い写真集になりそうな物なのだけど、はまりすぎの弊害というか、意外性がないというか、ユーモアをちりばめた川島小鳥の作風に成海璃子が過剰というか、そういう不思議な作用でそれほど引きが強くない、そういう写真集になっている感じがします。これも私の心の持ちようの問題かも。(80点)

[amazonjs asin=”484704486X” locale=”JP” title=”モーニング娘。 鞘師里保 写真集 『 アンドゥトゥア 』”]

鞘師里保は、モーニング娘。のライブで見せる恐るべき才能を見ると、目を離すことも出来ない。でも、さすがにそれを写真集で魅せるまでには至っていない。まあ、まだ14歳なので、そのうちフォトジェニックにもなるでしょう。これも、真野ちゃん写真集と同様、他の活躍と比較して評価が下がってしまう例。(85点)

[amazonjs asin=”4847044908″ locale=”JP” title=”モーニング娘。9・10期 1st official Photo Book”]

これ、写真集扱いで上げちゃっていたけど、今見直したらこれこそファンブックだな。90の質問とか、直筆メッセージとかあるので。写真のページにそれほどたいした写真もないので、省略。

[amazonjs asin=”4847044819″ locale=”JP” title=”NMB48 ファースト写真集 『 きゅんとどきっ 』”]

NMB48については、投下資本に対する効果が出てないなー、と思ったりもしますが、この写真集は百合風味満載で、グループのファースト写真集としてはかなりアグレッシブな内容で、結構好印象。そういうのが好きな人にはおすすめ。でも、メンバーの各々が全く分からないので、良い感じに取れているか、どうかとかは全然分からず、評価がずれている可能性大。(90点)

[amazonjs asin=”4847045033″ locale=”JP” title=”モーニング娘。 工藤遥 ファーストソロ写真集 『 Do 』”]

もうこれは、いまのくどぅ(工藤遥の愛称)を好きかどうかで、評価が分かれてしまう写真集だと思う。興味がなければただのボーイッシュな少女アイドルのロリ写真集な訳ですが、好きだと「よくぞ今の一瞬を切り取ってくれた!」となるわけで。で、私は今の工藤遥がかなり好きなので、高く評価してしまう。年齢相応の水着も満載、おすすめ。(100点)

[amazonjs asin=”4344022572″ locale=”JP” title=”1028_24 NANAO 菜々緒 超絶美脚写真集”]

超絶美脚写真集、ということで美脚好きの私は買わざるを得ない状況でしたが、それ以外でもRegina(ゴルフ雑誌)の表紙で見た菜々緒のビジュアルイメージの良さも、購入に踏み切った理由。でも、それほど美脚を強調した内容ではなく(バストアップ以上の写真が大半を占める)、普通の菜々緒写真集になっていて、ちょっと期待はずれだった感は否めない。タイトルにそこまで謳うのなら、もっとコンセプチュアルであっても良い。(80点)

[amazonjs asin=”4864102015″ locale=”JP” title=”晴れのちツインテール”]

ツインテールメインの企画物写真集、なんだけど、この写真集の良いところは、普通っぽいけどちょっとかわいい女の子たちが、バリエーション多彩な衣装で沢山掲載されている、というところ。モデルフィーがそれほどかかっていないからかも知れないけど、ページ数も多く、値段もお手頃。以前3冊発売だれた、SpyMasterの企画物写真ムック、「Be GIRLS photobook」に近い印象があって、そのムックが好きだった私にはかなりツボだった。おすすめしたい。(95点)

[amazonjs asin=”4048954717″ locale=”JP” title=”アロハロ! モーニング娘。写真集 2012″]

こちらは9期10期のフォトブックと違い、割と写真集テイストは高いんだけど、やはり6期、9期、10期合わせて10人を一冊の写真集にまとめていると、ちょっと食い足りなさを感じる部分はある。9期、10期は下ビキニでもないしね。でも、メンバーのかわいさ、楽しさは出ているとは思う。(85点)

[amazonjs asin=”4847045092″ locale=”JP” title=”矢島舞美 写真集 『 ハタチ 』”]

私の矢島舞美さんへの崇拝度はかなり高いので、この写真集を絶賛したくなる気持ちも、ほぼ個人崇拝だろう、という感じもするんだけど、それを差し置いてもこの写真集はおすすめできる。水着もそうだけど、昭和風味の衣装の軽いエロティシズムと、その衣装にリアリティを与える表情など、彼女の女性としての成長を感じずにはいられない、良い出来の写真集だと思います。金沢ロケでも十分な水着量だし、おすすめしたい。(100点)

[amazonjs asin=”4087806669″ locale=”JP” title=”鈴木ちなみ写真集『ちなみに・・・。』”]

長澤まさみを思わせるビジュアルに、抜群のボディ、ということで鈴木ちなみ写真集には大きく期待するところはあったんだけど、その前にWPB-netでの写真を見ていただけに、それを大きく越える物ではなかったな、というのが正直な感想。逆にWPB-netの写真はかなり良いので、Extra含め購入しても良いと思う。(85点)

今年買った写真集

MWAVEさんに触発されて、今年買った(今年発売の)写真集を久しぶりにまとめてみたら、以下の17冊でした。ハロプロばかりと予想していましたが、8冊と半分越えていませんでした。意外。企画物を3冊買っているので、それで割合下がったのかも。

一番良かった、となると、鈴木愛理「この風が好き」、矢島舞美「ハタチ」、工藤遥「Do」が思い浮かぶのですが、写真集が良かったのか、モデルが好きなのか、微妙な所ですね。橋本愛「あいの降るほし」もモデルに対する思い入れほどは印象がないし。

「写真集の印象」/「モデルに対する思い入れ」という指数を設けるなら、一番良かったのは工藤綾乃「ayano」かなあ。あと、「晴れのちツインテール」が意外と(BeGIRLS photobookを思い出させる雰囲気が)良かったです。

[amazonjs asin=”4847044622″ locale=”JP” title=”真野恵里菜 写真集 『 MANO DATE 』”]
[amazonjs asin=”4847044630″ locale=”JP” title=”工藤綾乃 ファースト写真集 『 ayano 』”]
[amazonjs asin=”4499230780″ locale=”JP” title=”ギャラリー オブ ザ ノーズアート クィーン: GALLERY OF THE NOSE ART QUEEN”]
[amazonjs asin=”4847044649″ locale=”JP” title=”鈴木愛理 写真集 『 この風が好き 』”]
[amazonjs asin=”4905156084″ locale=”JP” title=”COSPLAY made in Japan (テキスト)”]
[amazonjs asin=”4048954539″ locale=”JP” title=”アロハロ! ℃‐ute 写真集 2012″]
[amazonjs asin=”4847044754″ locale=”JP” title=”橋本愛 写真集 『 あいの降るほし 』”]
[amazonjs asin=”4847044843″ locale=”JP” title=”成海璃子 写真集 『 RICO DAYS 』”]
[amazonjs asin=”484704486X” locale=”JP” title=”モーニング娘。 鞘師里保 写真集 『 アンドゥトゥア 』”]
[amazonjs asin=”4847044908″ locale=”JP” title=”モーニング娘。9・10期 1st official Photo Book”]
[amazonjs asin=”4847044819″ locale=”JP” title=”NMB48 ファースト写真集 『 きゅんとどきっ 』”]
[amazonjs asin=”4847045033″ locale=”JP” title=”モーニング娘。 工藤遥 ファーストソロ写真集 『 Do 』”]
[amazonjs asin=”4344022572″ locale=”JP” title=”1028_24 NANAO 菜々緒 超絶美脚写真集”]
[amazonjs asin=”4864102015″ locale=”JP” title=”晴れのちツインテール”]
[amazonjs asin=”4048954717″ locale=”JP” title=”アロハロ! モーニング娘。写真集 2012″]
[amazonjs asin=”4847045092″ locale=”JP” title=”矢島舞美 写真集 『 ハタチ 』”]
[amazonjs asin=”4087806669″ locale=”JP” title=”鈴木ちなみ写真集『ちなみに・・・。』”]

ビッグコミックスピリッツ 2011 No.18

表紙の武井咲のシャープさがあまりに印象強くて、超久しぶりにスピリッツを買いました。ということで久しぶりのはずなのに、連載の中身があまりに変わっていなくてびっくり。

他のコミック誌の移り変わりの早さとは、別世界のようです。それが悪いわけではないですが…。しかし、イキガミのあざとさがさらに加速していた。あれ、やっぱり喜んで読んでいる人がいるんですよね。不思議。閑話休題。

橋本雅司撮影のグラビアは、表紙で期待されるほどの中身ではなかった。写真のバリエーションは多いんだけど、その分印象がばらける感じがするのと、橋本雅司特有の粒度の荒さが気になったりして。

最終ページが割と表紙と印象が近いけど、逆に近すぎる感じで新鮮な印象もなく。強いて別方向の好印象カットをあげると、P3かなー。表紙の他にもう1カット、切り口の違うシャープさのある写真が欲しかった。表紙のすばらしさはここのところで随一なだけに、惜しい。(85点)