月別アーカイブ: 2013年12月

第12回ハロプロ楽曲大賞2013

毎年恒例のハロプロ楽曲大賞本編。今年は4曲はすぐに決まったが、あと1曲で悩んだ。後は、PVをそれなりに見た年なので、PV部門も投票しようかと思う。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 私が言う前に抱きしめなきゃね/Juice=Juice(3.5pts)

タイトルや、「文化部だからって おとなしい子とか」という歌詞の秀逸さ、サックスが癖になるアレンジ、泣かせるメロディ。デビュー曲として完璧すぎた。ひなフェスの映像を見ると、大塚愛菜…(涙)、と思う部分もあるので、インディーズバージョンを念頭に置いて投票。

第2位 わがまま 気のまま 愛のジョーク/モーニング娘。(3.0pts)

EDMとかフォーメーションダンスとかで味付けているけど、やっていることはあんまり変わっていない気もする。でも、結果として、今の時代に出して恥ずかしくない楽曲がこれだけ続けられているのは素晴らしく、この曲はその今年の集大成とも思える。秋ツアーのアンコール前最終曲、客席全体が「愛されたい!愛されたい!」となるあの瞬間には鳥肌が立った。

第3位 ベーグルにハム&チーズ/℃-ute(2.0pts)

℃-uteは格好良い路線のシングルが多かったし、それも良かったんだけど、こういう「君の戦法」的な、メジャーコードのハッピーソングが℃-uteの魅力の一つだと思う。秋ツアーでもこれぞアイドル、という振り付けで可愛さを振りまいていました。

第4位 NEXT MY SELF/真野恵里菜(1.0pts)

正月ハロコン、この曲を歌っていくと共に研修生が集まっていき、最後の大サビでステージ上のメンバー全員が総立ちになる、あの演出が良かったなー。真野ちゃん最後のハロコンにふさわしい盛り上げ方をしてもらっていました。

第5位 誘惑の休日/℃-ute(0.5pts)

他の候補曲は色々あったけど、これは多分あんまり票入らないと思うので選択。延々繰り返される変なリフに、マイナーからメジャーに大転換するメロディライン、ベタ惚れしている男子を前に私頑張れ的な歌詞など、怪曲感満載だけど、すごく刺さった。「Forever Love」と構造が似ているからかも知れない。少女アニメを思わせる可愛らしい歌詞に、マイナーからメジャーへの転調。フォエラも℃で一二を争うくらい好きな曲だし。

次点

第5位の候補曲が、「ザ☆トレジャーボックス/℃-ute」「Rockの定義/田中れいな」「Rolling Days/田﨑あさひ」「アダムとイブのジレンマ/℃-ute」「Help me!!/モーニング娘。」「THE マンパワー!!! (updated)/モーニング娘。」「雨夜の月/田﨑あさひ」。大体どれも、ライブでの好印象から候補に挙げたくなる。結局今年もライブに明け暮れた一年でした。

PV部門

第1位 わがまま 気のまま 愛のジョーク/モーニング娘。(4.0pts)

外ロケとはいえホールでの撮影なんだけど、色々な趣向が凝らされた結果久しぶりの良PVになっている。メンバーのはしゃいでいる表情が良い、黒衣装での定点カメラ数人でにじり寄りバージョン(説明しづらい)を編集して欲しかった。

第2位 アダムとイブのジレンマ (Dance Shot Ver.)/℃-ute(1.0pts)

Dance Shot Ver.とはいえどこか編集点があることが多いなか、これは見た感じ、ワンショットに見える。あのダンスをそれでやりきる部分に、初見で圧倒されたので。

第3位 都会の一人暮らし/℃-ute(1.0pts)

最初のワンショット風演出が秀逸。「悲しき雨降り」以降、℃-uteのPVがセンス良くまとめてきているので、このまま継続して欲しい。

推しメン部門

矢島舞美

今年も変わらず。愛理通学写真事件の後のブログの文章が素晴らしくて、更に好きになりました。