月別アーカイブ: 2010年3月

才能に嫉妬

twitterにも書きましたが、このスレの1の文才には嫉妬すら覚えます。なかなか、こういう文章は書けないですね。グラビアレビューの一つの境地だと思う。

Hello Project BEST SHOT!!をワニ通販で買っていたのですが、それが届きました。後半が過去の写真集の拾遺編なのは頂けないし、ざっと見ていくと表情暗めの写真が多くて、もう少しバランス何とかならなかったのかな、とも思いますが、そんな中、何点か目を引くような表情をした写真もあって、じっくり見るのに適したムックだと思います。

AKBの集合グラビアとかを眺めつつ(3/23)

AKB48の集合グラビアが誌上を席巻している昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。でも、正直集合グラビアってレビューとか、感想とか書きづらいですよね。一人の被写体が8Pなりをもらって、色々な変化を魅せる部分で感想も出てくるものなのですが、一人1P程度、後は水着で複数が密着、みたいなグラビアだとあまり書こうという意欲も沸いてこないし。売り出し初期が集合グラビアというのは分かるのですが、そろそろAKB48もシフトチェンジして、一人のグラビアをじっくり見せていただければ嬉しいんですが…。

とはいえ、そのシフトチェンジした結果が前田敦子3冊連続写真集リリースだ、といわれてしまうと困るわけですが…。彼女って、正直グラビアとしての振れ幅は狭い方ではないか、という印象があるんですが。例えば篠田麻里子とか大島優子とかに比べて。まあ、篠田麻里子も広い方ではないけど(山本梓に近い印象がある)、でも、前田敦子って一冊の写真集でも振れ幅狭そうなんですが…。というか、一人3冊連続とかじゃなくて、20人連続写真集リリースとかの方が楽しめそうです。渡辺麻友写真集とか、出ないんですかね。まあ、渡り廊下の写真集は出ますが…。

などなど書いていますが、AKB48集合グラビアに興味が持てなくて、というわけでもなく、めっきり雑誌を買わなくなった、枯れてしまった私でございます。先々週は逢沢りなのヤングジャンプのみ、先週は岡本玲のヤングジャンプと横山ルリカのヤングガンガンくらいしか買っていません。

岡本玲の竹富島グラビア、私が一昨年に行ったところだなー、といった感じ。写真は、「もっとイマドキ!」で動いている姿には劣る、そんな印象です。センターの有村架純も、笑顔が岡本玲に近い印象ですね。

ヤングガンガン、横山ルリカは期待したほどの中身じゃないな。これだと写真集が厳しそう。スタジオグラビアの顔が白すぎる感じがするんですが、これは意図的なんでしょうか。ということで、ちょっと期待はずれの感じがしました。

その他、「Girls!」は鈴木愛理掲載ということで買いましたが、桜庭ななみは安定、逢沢りなはちょっと下ぶくれ感、松井珠理奈は初期の輝きがないなー、といった感じで。鈴木愛理は結構振れ幅が大きくて、見ていて面白い。「BIG ONE GIRLS」は矢島舞美目当て。でも、仕上がりがあまり良くなかったです。

℃-uteライブ感想は、書けたら今週末の福岡、神戸公演後に書きます。今回は松戸~神戸の関東~関西で遠征を止めておこうと思っていたけど、結局福岡公演のチケットも一般発売で買ってしまった罠…。見ていて幸せな、楽しい気持ちになるからなー。

(レス) きんぐぎどらさん(@近況(2/21)):
まあ、推しを絞った方が一般層には分かりやすいですからねー。SKEで推すとしたら、W松井になるのも分かる気がします。

(レス) むむむさん(@近況(2/21)):
確かにデフレの現在とAKB48の売り出し方は、共通性があるのかも。で、夏焼写真集は厳しいでしょうね…。12月のBuonoコンのソロ曲部分でも、何でこれだけコールの音量が違う、というくらい雅ちゃんは寂しかったから…。

(レス) モロGさん(@livedoor リサイクルで写真集を売ってみる):
某書店に持ち込んだ方が、高く売れたでしょうか…。レモンドロップは印象に残った写真集の一つなので、キープしておいても良かったのですが、結果的に流してしまいました。ま、処分方法がなければ廃品回収に出そうかと思っていた(ブックオフに200冊超は恥ずかしい)ので、処分できただけでも幸いと思っていたりします。

(レス) coccooさん(@livedoor リサイクルで写真集を売ってみる):
バッサバッサとやっちゃってください。自分の中で基準の高い物はキープしているので、この辺は安く買いたたかれてもあまりダメージはなかったです。で、現在「Pure Pure」の創刊号からほとんどの号が、処分方法を求めて家に放置されている状態…。あれ、どうしようかなー。

(レス) もとやんさん(@℃-ute2010年春ツアーなど(3/16)):
あ、フォローいただいていたのは気づいていたのですが…。私の方は、未だtwitterの使い方になれておらず、フォローはかなり絞っていますね…。実質実際にお会いしたことのある人しかフォローしていないという…。もう少し慣れたら、フォローの範囲を広げようかなー。多分、twitterってガンガンフォローするのが正しい使い方で、私のようなのはアンテナ(or mixi)的なものになっている感じがします。

(レス) coccooさん(@℃-ute2010年春ツアーなど(3/16)):
私も他の人へのメッセージと言うよりは、何かメモ的になっていますね。ちなみに、twitterってアカウントを知らない場合、検索がすごくしにくいのが辛いところです。

℃-ute2010年春ツアーなど(3/16)

どうもご無沙汰しております。更新もレスもさぼっております。先週のヤングジャンプの逢沢りなグラビアの、寄せて上げてっぷりにちょっと驚いておりました。Girls!とか、BIG ONE GIRLSとかの微妙なムックも買っているんですけどね。まあ、積極的に書く気も起きないような、その辺の新鮮味のなさ。

そんな中、3/13、3/14と℃-ute2010春ツアーの初回を見に、千葉(松戸)まで遠征してきました。見るまではそれほど期待もなく、多分去年、一昨年のツアーよりは満足度が低いんだろうな、と不安を抱いていましたが…。

結果、見れば見るほど感動度が上がる、珠玉の出来映えのステージでした。Twitterには少し書いているのですが、Twitterだと後から見返すのが面倒なので、イベレポという形で上げておきたい、ぜひ見て欲しい、そんな内容でした。でも、あの素晴らしさをどう書けばいいのか迷っていたり…。

とりあえずTwitterの再録をしてお茶を濁しておく。考えがまとまれば今週中、まとまらなければ今週末の名古屋公演を観た後で、もう一度トライしてみようかな。

  • ℃-uteコン初日。アンコール前の展開がワンパターンになっているのは仕方ないかなー。でも、そこまでとアンコール後は高まった。新曲もあったし。君の戦法が素晴らしい。 9:25 PM Mar 13th Echofonから
  • 5人全員にソロがあるのは、5人化の効果だな。でも、準備不足を補う意味もあるか。楽しかったけど。 9:35 PM Mar 13th Echofonから
  • ℃-uteコン2日目昼夜参戦。何か、見れば見るほど感動していくんだけど。去年のツアーも良かったけど、それを越えている部分も多い。「生きようぜ!」のCool&Stylish感と、「君の戦法」の Cute&Pretty感が同じ2時間で味わえる至福。 10:36 PM Mar 14th webから
  • つんく♂は色々毀誉褒貶あるけど、℃-ute2トップを除いたメンバーでアルバム曲1曲という縛りで、ここまでの楽曲を当てはめたりするという、たまに凄まじい部分を発揮するのが恐ろしい。ライブの情景まで見通してのものだったりしそうなんだよな。「君の戦法」の話。 10:43 PM Mar 14th webから
  • その他。「イメージカラー」で矢島舞美と鈴木愛理が偽フェイクを入れるようになったのが、このツアーの変化点。二人完全に揃っているので、本物のフェイクじゃないけど。 10:44 PM Mar 14th webから
  • で、ライブ中盤で5人がスーツ姿になって、「生きようぜ!」を歌うパートの、ダンスのスタイリッシュさ、動きの派手さ、格好良さが素晴らしいんだよ。ここと「君の戦法」はぜひとも見て欲しい。 10:46 PM Mar 14th webから
  • 「生きようぜ!」の後の変な自己紹介は要らない、っていうのは、周りのヲタも口々に言っていたし、私も思った。夜の部では愛理が説明台詞でフォローしていたけど、名古屋では無くなっても良いんじゃないかなー。 10:47 PM Mar 14th webから
  • そういえば新曲に触れていなかったな。後ろ向きなのは否めないけど、やっぱり℃-uteでこういうのも見たいんだよ、という安心感がある。パート割りもバランス良く、愛理以外のファンも一安心。多幸感もあるし。見ていて楽しいです。    10:51 PM Mar 14th   webから