月別アーカイブ: 2011年12月

第10回ハロプロ楽曲大賞2011

毎年恒例のハロプロ楽曲大賞本編。昨年に続いて今年も℃-uteの楽曲が割と好みのラインで、5曲のチョイスはあまり悩まなかった。中の順位付けは迷ったけど。次点は一丁目ロック!/Berryz工房と、嫌いで嫌いで嫌い/℃-ute。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 いざ、進め! Steady go!/℃-ute(4.0pts)

あの中島早貴がメインで歌う曲が、ライブのアンコールラストを盛り上げるという状態は、5人時代以前では想像できない。今の℃-uteの正五角形感、各人のバランスの良さを象徴する楽曲。

第2位 会いたいロンリークリスマス/℃-ute(2.5pts)

去年の曲だけど、どうしても選んでおきたい。愛理の情感溢れる歌い方と、それをきちっと録りきった録音が良かった。ハロプロにしては珍しい、ボーカルを聞かせるタイプの名曲。

第3位 さよなら涙/吉川友(1.5pts)

埋もれた名曲だと思う。情景が浮かぶような歌詞と、美しいメロディ。アレンジ(音色)にもうちょっとこだわりがあれば、もっと順位を上げても良かった。

第4位 世界一HAPPYな女の子/℃-ute(1.0pts)

今年の℃-uteを象徴するような、多幸感ある楽曲。ポジティブな楽曲にふさわしいパフォーマンスの可愛さも、見ていて楽しかった。

第5位 ブスにならない哲学/ハロー! プロジェクト モベキマス(1.0pts)

ユニゾンコーラスとソロのバランスとか、歌声の心地よさとか、楽曲的にはハロプロの面目躍如、という出来だったと思う。期待ほどの枚数が出なかったけど。

PV部門

不参加。今年はPVをほとんど見なかったので。

推しメン部門

矢島舞美

今年も変わらず。後半の生写真の状態は悪かったかな、とも思うけど、ステージ上は美しいです。