月別アーカイブ: 2010年11月

第9回ハロプロ楽曲大賞2010(アイドル楽曲部門)

ハロプロ楽曲大賞のアイドル楽曲部門、あまりハロプロ以外を聞けていないので、投票に躊躇するところですが、今年は1位の曲にどうしても投票したくて、なんとか書いてみる。ページはこちら

アイドル楽曲部門

第1位 行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー(8.0pts)

メジャーデビュー曲がこれだけのパワーの曲で出来たら、あれだけの躍進も納得。アニソン、ゲーソンの延長線上にあるんだけど、それをアイドル楽曲として見事に昇華した内容。とにかく、MUSIC JAPANのベストアクトを見せてくれた、この楽曲に感謝です。ももいろクローバーの今年の活動は、「アイドルは送り手とヲタとの共同幻想」の良い部分が見られたなあ、と思います。「良い夢見させてもらったぜ」って感じ。

第2位 ヘビーローテーション/AKB48(0.5pts)

今年はAKB48の年だったわけですが、楽曲としてはキング移籍後の3曲(大声ダイヤモンド、10年桜、涙サプライズ!)の頃の勢いに比べれば落ちている感じはします。でもまあ、今年挙げないわけにも行かないので、一番良くできていると思ったヘビロテで。

第3位 キラリ☆/東京女子流(0.5pts)

結果的に、アイドル戦国時代と最初に言われた5月頃のリリースが一人負けしてしまったので、ちょっと厳しい戦いになっているけど、後期SweetSっぽい柔らかな楽曲は魅力的だと思う。これで、一人か二人、本当に可愛い子がいればねー(致命的)。

第4位 ジャンピン/KARA(0.5pts)

韓国アイドルブームは結局作られた物という印象しかないけど…。サビ勝負の楽曲ではあるんだけど、めざましテレビで聞こえてきた曲に激しく反応してしまった。しかし、KARAはグループ名、音楽のイメージ共にColorを思い出させるのですが、関係ないのですかね。ないのですね。

第5位 ずっと 前から/フレンチ・キス(0.5pts)

AKB48すら追い切れていないのに、派生ユニットなんてとてもとても…、なのですが、この曲は不思議と耳に残っています。新味はないけどウェルメイド、そんな感じ。