カテゴリー別アーカイブ: コメントレス

AKBの集合グラビアとかを眺めつつ(3/23)

AKB48の集合グラビアが誌上を席巻している昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。でも、正直集合グラビアってレビューとか、感想とか書きづらいですよね。一人の被写体が8Pなりをもらって、色々な変化を魅せる部分で感想も出てくるものなのですが、一人1P程度、後は水着で複数が密着、みたいなグラビアだとあまり書こうという意欲も沸いてこないし。売り出し初期が集合グラビアというのは分かるのですが、そろそろAKB48もシフトチェンジして、一人のグラビアをじっくり見せていただければ嬉しいんですが…。

とはいえ、そのシフトチェンジした結果が前田敦子3冊連続写真集リリースだ、といわれてしまうと困るわけですが…。彼女って、正直グラビアとしての振れ幅は狭い方ではないか、という印象があるんですが。例えば篠田麻里子とか大島優子とかに比べて。まあ、篠田麻里子も広い方ではないけど(山本梓に近い印象がある)、でも、前田敦子って一冊の写真集でも振れ幅狭そうなんですが…。というか、一人3冊連続とかじゃなくて、20人連続写真集リリースとかの方が楽しめそうです。渡辺麻友写真集とか、出ないんですかね。まあ、渡り廊下の写真集は出ますが…。

などなど書いていますが、AKB48集合グラビアに興味が持てなくて、というわけでもなく、めっきり雑誌を買わなくなった、枯れてしまった私でございます。先々週は逢沢りなのヤングジャンプのみ、先週は岡本玲のヤングジャンプと横山ルリカのヤングガンガンくらいしか買っていません。

岡本玲の竹富島グラビア、私が一昨年に行ったところだなー、といった感じ。写真は、「もっとイマドキ!」で動いている姿には劣る、そんな印象です。センターの有村架純も、笑顔が岡本玲に近い印象ですね。

ヤングガンガン、横山ルリカは期待したほどの中身じゃないな。これだと写真集が厳しそう。スタジオグラビアの顔が白すぎる感じがするんですが、これは意図的なんでしょうか。ということで、ちょっと期待はずれの感じがしました。

その他、「Girls!」は鈴木愛理掲載ということで買いましたが、桜庭ななみは安定、逢沢りなはちょっと下ぶくれ感、松井珠理奈は初期の輝きがないなー、といった感じで。鈴木愛理は結構振れ幅が大きくて、見ていて面白い。「BIG ONE GIRLS」は矢島舞美目当て。でも、仕上がりがあまり良くなかったです。

℃-uteライブ感想は、書けたら今週末の福岡、神戸公演後に書きます。今回は松戸~神戸の関東~関西で遠征を止めておこうと思っていたけど、結局福岡公演のチケットも一般発売で買ってしまった罠…。見ていて幸せな、楽しい気持ちになるからなー。

(レス) きんぐぎどらさん(@近況(2/21)):
まあ、推しを絞った方が一般層には分かりやすいですからねー。SKEで推すとしたら、W松井になるのも分かる気がします。

(レス) むむむさん(@近況(2/21)):
確かにデフレの現在とAKB48の売り出し方は、共通性があるのかも。で、夏焼写真集は厳しいでしょうね…。12月のBuonoコンのソロ曲部分でも、何でこれだけコールの音量が違う、というくらい雅ちゃんは寂しかったから…。

(レス) モロGさん(@livedoor リサイクルで写真集を売ってみる):
某書店に持ち込んだ方が、高く売れたでしょうか…。レモンドロップは印象に残った写真集の一つなので、キープしておいても良かったのですが、結果的に流してしまいました。ま、処分方法がなければ廃品回収に出そうかと思っていた(ブックオフに200冊超は恥ずかしい)ので、処分できただけでも幸いと思っていたりします。

(レス) coccooさん(@livedoor リサイクルで写真集を売ってみる):
バッサバッサとやっちゃってください。自分の中で基準の高い物はキープしているので、この辺は安く買いたたかれてもあまりダメージはなかったです。で、現在「Pure Pure」の創刊号からほとんどの号が、処分方法を求めて家に放置されている状態…。あれ、どうしようかなー。

(レス) もとやんさん(@℃-ute2010年春ツアーなど(3/16)):
あ、フォローいただいていたのは気づいていたのですが…。私の方は、未だtwitterの使い方になれておらず、フォローはかなり絞っていますね…。実質実際にお会いしたことのある人しかフォローしていないという…。もう少し慣れたら、フォローの範囲を広げようかなー。多分、twitterってガンガンフォローするのが正しい使い方で、私のようなのはアンテナ(or mixi)的なものになっている感じがします。

(レス) coccooさん(@℃-ute2010年春ツアーなど(3/16)):
私も他の人へのメッセージと言うよりは、何かメモ的になっていますね。ちなみに、twitterってアカウントを知らない場合、検索がすごくしにくいのが辛いところです。

コメントレス(12/31)

やっぱりコメント欄にレスを書いてもいまいち感、ということで項目立ててみる。

きんぐぎどらさん(@近況(12/15)):
萌乃…。うーん、癖が強い…。しかし、本当にAKB48のグラビアは水着ばかりになってしまいました。

coccooさん(@近況(12/15)):
紅白のAKB48も72人で壮観でした…、と思ったら、前半は群衆系ばかりで埋没しちゃった感がありました。AKB48はここ最近の商業ベースに乗って以降は、確かに工業製品的に見えるのかも知れませんが、初期(それこそ劇場創設時)のファンの方のレポを見ていると、それとは真逆だったようなんですがね。とりあえず売るためには数で勝負、ここのパーソナリティの売り込みはこれから、という感じなのでしょう。

かけもちさん(@近況(12/15)):
買うべきはアロハロ写真集でも中島早貴写真集でもなく、アロハロDVDでしょうね。あれは超いい出来でした。とずれたことを書きつつ、小島藤子を買いましたか。あの表紙は本当に買う人を選ぶ雰囲気だった感が。ちなみに、私は久しぶりにハロ系でない写真集として、源崎トモエを買いました。出来はまあ、…。悪くはないんですが。

coccooさん(@近況(12/15)):
確かに、仕掛けを感じる部分が強くなる傾向があって、「実際人気のあるアイドル」がよく分からないという部分が、グラビアにも大いに感じられるようになった気はします。というか、テレビに出ている人中心に枠が押さえられていて、テレビに出ている人は人気とは別の要因で決まっている感じが。こういうのは、昔に始まったことでもないのですが、音楽とか、雑誌の売り上げとかが激しく落ちた結果、(また再び)工作できるようになってしまった、受け手側(読者とか購買層)の力が、芸能界では弱くなってしまっているのかな、とも思います。

coccooさん(@近況(12/15)):
ハロプロはなんだかんだいって、追っていると面白いのですよ…。ということで、めっきりグラビア系ではなくなったこのページですが、来年もお暇な方は温かい目で見守っていただければ。では、良いお年を。