第18回ハロプロ楽曲大賞2019

ここのブログはこの話題でしか更新されない、毎年恒例のハロプロ楽曲大賞。今年は10曲選んで、6曲までの絞り込みには悩まなかったが、最後5位を入れ替えた。開催ページはこちら

楽曲部門

第1位 三回目のデート神話/つばきファクトリー(4.0pts)

一つ前のシングル収録の「今夜だけ浮かれたかった」と近すぎて、かつ全ての面でそれより弱かったため、支持が弱くなったのは残念だったけど、こういうマイナーメロディ、アップテンポの楽曲は大好きなのでやはり投票したくなる。これと「今夜だけ」が本編の最後に連続した秋ツアーの盛り上がりは、個人的に最高だった。

第2位 ニッポンノD・N・A!/BEYOOOOONDS(3.0pts)

ドラマ仕立てとか何らかのギミック入りの楽曲が続いたBEYOOOOONDS。これもまあ「令和にあえてTK」というギミックはあるんだけど、TK世代としては大好物なので投票。星部ショウさんの職人気質が良い結果を生んだと思う。

第3位 弱気女子退部届/カントリー・ガールズ(1.0pts)

梁川奈々美卒業の楽曲で「私辞めます」というストレートな歌詞なんだけど、成長を意味する歌詞に繋いだ、児玉雨子さんの上手さに感銘を受けた楽曲。

第4位 赤いイヤホン/アンジュルム(1.0pts)

「wireless」「bluetooth」言いたいだけやん、と思わせつつ、そこに束縛の愛を繋げてくる歌詞の持っていき方が結構好き。大久保薫さんのアレンジも不安感を印象付ける感じで合っていると思う。

第5位 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて/BEYOOOOONDS(CHICA#TETSU)(1.0pts)

こういう可愛い系の、つんく時代に「つんくの中学生が出ている」と言われたような楽曲の不足が今のハロプロの課題だと思うので(大げさ)、こういう曲を書ける人にはどんどん書いて欲しい。

次点

次点は「ポツリと」。ロックオペラっぽい?雰囲気がBuono!の「ゴール」を彷彿とさせて好きだったんだけど、12月のBEYOOOOONDSライブを見て、都営大江戸線と入れ替え。10曲選んだ残りは「トウキョウ・コンフュージョン」「夢見た 15年」「人生Blues」「夏色のパレット」で、「トウキョウ・コンフュージョン」は良かったんだけどPVに回してこちらは外した。「夢見た 15年」は入れたかったが…。

PV部門

第1位 ニッポンノD・N・A!/BEYOOOOONDS(3.0pts)

松岡茉優さんも「圧倒的な多幸感!」と書いていたが、まさしくそれ、というPV。特に廊下を歩くシーンが良い。そこで小林萌花さんに前列を譲っているいっちゃん含め。

第2位 トウキョウ・コンフュージョン/PINK CRES.(2.0pts)

廊下を歩くシーンが入ったPVが好きなのかも知れない私。これは楽曲の良さから楽曲部門に入れたかったが、溢れて泣く泣くこちらへ。あまり韓国アイドル方向に倒しすぎるより、こちらの方が嬉しいが、世間へのアピール的には難しいのかな。

第3位 眼鏡の男の子/BEYOOOOONDS(1.0pts)

ステージ発のこの楽曲をどうPV化するか、という問題に正解で答えたPVだったと思う。小湊鉄道で満員電車はないんだろうけど。

推しメン部門

宮本佳林

10月のソロライブで、改めてその才能に感服しました。SCRAMBLESに楽曲を発注したところも面白かった。もっとソロ活動が見たい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です