トップ 最新 追記

akarik日々メモ

1999|11|
2000|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|04|05|

2003-08-03

ハロプロライブ

詳細覚えていないんですが…。セットリストを見ながら思い出してみる。席はスタンド、ステージから見て右手で、ステージに近いけど角度は悪くて高いところ、スピーカーのせいで大画面が見えにくくなるという微妙な位置。開始早々立ち上がると、係員が「立たないで」と注意しに来てびっくりしましたが、どうもファミリー席と勘違いしたみたいで、後で訂正に来ました。

後藤はいいなあ、やっぱりスクランブルは名曲です。客席の反応見ても、後藤の人気は高いです。色々な曲でKIDSがたくさん出ていましたが、結構まだレベル差がありますね。中澤の所ではバックのダンスで、中澤の左右のレベルが大分違った。

ZYX、なるほど上手くまとめてあるという印象。メロディ的にもこう進んでくれ、という聞く側の欲求を裏切らない仕上がりでした。CDは買いましょう。「浮気なハニーパイ」はライブで見るとはまりますね。ライブ後の飲みでも一緒に行った人とその話題で持ちきり。電車で何度も聞くくらいにはまってしまいました。その後の宇宙でLaTaTaも久しぶりに聞くと良い。太シス再評価も納得です。安倍、ROMANSはやはりピンと来なかった。安倍のMCでは「卒業後の色々なビジョンが見えてきた」んだそうです。

メロン3曲は盛り上がる。今回は松浦4曲、後藤3曲という風に、モーニング娘。中心ではなく多極化の様相だったので、見ていてお得感はありました。これでこそハロプロライブっていう。松浦も(なんか孤高の雰囲気もありましたが)さすがの安定度。

「シャボン玉」は間奏の動きが最高。あの動きを見られたので、ライブ行った価値がありました。カラオケはやっぱりなしだよなあ、歌っちゃったけど。ライブの中でのモーニング娘。の比重は下がっていました。最後のザ☆ピ〜ス!は全員だったのですが、後藤パートは後藤に歌わせて欲しかったかも知れない。まあ、無理なのは理解できますが。でも、もし石川卒業したら石川台詞パートは誰がやるんでしょうね。

全体には、時間もそれなりで、多極化のお陰で色々なキャラが見られて、満足度はこれまでのハロプロライブの中では高い方でした。これで藤本ソロでもあったらなお良かったのですが。


2003-08-08

Bon-Bon Blanco@心斎橋クラブクアトロ

ということで台風の中行ってきました。整理番号は26番と27番という微妙なところだったのですが、入ってみるとIzumiサイドの一番端がちょうどぽっかり二人分空いている!ということで、最前柵前にポジションを取ることが出来ました。どういう訳かIzumi、Makoサイドに行くことの多い私、今回もそうでした。

途中、開演前からMako必死系のしんちゃん(仮名)が私の右側に無理矢理割り込んできて、そいつがかなりうざかったのですが、こちらとしても強めに圧迫してポジション主張したらそれなりにスペースは確保できて、結局最初から最後まで最前で見ることが出来ました。

ということで、最前で見たボンブラは非常に満足。私がボンブラにライブハウス系ではなく、ステージツアーを望んでいるのは、ボンブラの全体の動きが見たいから、なのですが、最前だと全体の動きが見えるわけで、私の欲求も満たされました。ちょっとステージが前後に狭い感じもしましたが、そんな中でもかっちりした動きは健在。あの狭いところで4人きっちりダンス中すれ違うあたりはさすがです。

アルバム曲はきちんと聴いていない、だめなファンの私ですが、それでも堪能できました。で、やっぱりシングル曲は熱い。Anna着替え後のライブ用新曲(これはかなり良かった)、課外授業、ナース、ハリケーンと続く4曲の盛り上がり方は半端じゃなかったです。衣装的には、最初の衣装替え後のTomoyoがちょっとドキドキ系の衣装でした。

ライブハウスの最前なので、メンバーはすごく近い。しかも両サイドは結構各メンバーが止まってくれて、全員をきっちり間近で見ることが出来ました。至近で見られなかったのはTomoyoくらいかなあ。アンコール前にはAnnaと、アンコールではIzumiと握手できましたし。握手会は嫌いだけど、ライブ中の握手は嬉しいものですね。

ちょっと短いとは(あいかわらず)思いましたけど、かなり満足度は高かったです。客の動きも予想より穏やかで、特に強く不快な思いもしなかったですし、見て良かった。正直、5thでいまいち乗れなかったので離れ気味でしたが、やっぱりボンブラは良いな、と思った今日のライブでした。単純ですね、私。


2003-08-16

敗北宣言

この3連戦3タテすればまだ…、と思いましたが、今日負けたので近鉄の今シーズンは終わってしまいましたね。まあ、今年の阪神が相手という複雑さ、そして90年代以降のプロ野球を盛り上げ、また来年以降の展開が複雑な立場にあるダイエーに譲る、という点で、そんなにがっかりした気持ちもなかったりします。

しかし、最近真面目に追っていなかったので今さらですが、チーム打率.303、斉藤16勝って、なんかすごいことになっていますね、ダイエー。数字だけ見たら阪神厳しいですよ、これは。


2003-08-22

いろいろ問題が

某所でホットな音楽著作権侵害の話。私、未だに「MXとかで手持ちの音楽を提供する人」の気持ちがよく分かりません。何らかのコストを払って手に入れたものを、不特定多数の人に提供することにどういうメリットなり意味を感じているんだろう。ということで、そういう提供側に厳罰を下した方が、効果は高いのかな、と思ったりもします。当然受益者にも罰を与えるべきでしょうが。

あと、レンタルCDの存在によるモラルハザードっていう要素があると思うんですけどねえ。売価の数割のコストでほぼ同等のものが得られる、それが音楽に対するコストを軽視させる要因になっているんじゃないか、とずっと思っていたりします。アルバムレンタルが1000円超えていれば、状況は変わっていたんじゃないかな、と。もうここまでネット交換が広がってしまっては遅いのでしょうが。


1999|11|
2000|02|03|04|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
トップ 最新 追記