トップ «前の日記(2012-04-07) 最新 次の日記(2012-04-09)» 編集

akarik日々メモ

2006|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

2012-04-08

今日の動き

前日までの疲れが出ていたので、ゆっくり目のスタート。10時過ぎに家を出て、11時過ぎの新幹線で上京。

14時くらいに東京について、渋谷の某ショップで買い物、ちゃんぽんを食べたりした後、16時からの第2回アイドル横丁祭へ。これの感想は後で書く。

終了後は、合流した知人と赤坂のすっとこどっこいで夕食。その後カラオケへ行ったり。宿泊は東横イン溜池山王官邸南。警備員がいる横を通っていく、変な立地だった。

第2回アイドル横丁祭

Top Yell(雑誌)主催?の集合ライブ。こういうのって、大抵段取りが悪くて時間通りに進まないことが多いんだけど、今回は入場こそ遅れたものの、すごく良いテンポで進み、きっちり20時に終わっていた。運営の上手さを感じる。

出演者は出演順に、アップアップガールズ(仮)、Cheeky Parade Set、でんぱ組.inc、BABYMETAL、Dorothy Little Happy、SUPER☆GiRLS、℃-ute。後半3組は生バンドも交えつつ(全曲ではない)、ということで℃-ute+生バンド目当てで、他のも見られるというテンションで参加。

最初に℃-uteについて書くと、まあアイドルなんだけど、ジャンルが違うというか、そういう感じでした。レベルが違う、と書きたくなるけど、この7グループに一つの評価線があるわけでもないので、優劣はあんまり意味がない。

でも、パフォーマンス力は圧倒している、そんな感じでした。「君チャリ」をアカペラから入ったり、パフォーマンス力の違いを見せつける演出をしていましたしね。そこ以外で生バンドらしさが出せていなかった気もするので、そこが課題かな。もっと生バンドと組んでやってもらいたい。

他だと、まず印象に残ったのがBABYMETAL。METAL風の楽曲を美少女3人が踊りまくる、まあそのコンセプトは一回見れば十分かも知れないけど、一回目のインパクトはでかい。思わずDVD付きのタオルを買ってしまった。最後にやった「イジメ・ダメ・ゼッタイ」の音源化を早く。

Dorothy Little Happyは、やっていることは好印象、楽曲も記憶に残る物が多く、ヲタの統制とマナーも印象良かったんだけど、なぜかグループメンバーとしては印象に残らなかった。もう少し何度か見たら、好きになるタイプかも知れない。

SUPER☆GiRLSは、正直AKBの類型としてしか見えないんだよな。MIXの入り方とかも。その妹分たるCheeky Parade Setはさらに全く印象に残らなかった。でんぱ組.incはこういうパフォーマンスを見せるタイプでもないような、色物的。アップアップガールズは、今のところはハロプロ楽曲を出来る、以外の強みがないのかも知れない。

最後に全員でー、という声が上がった時、「ああ、またお決まりのフィンガー5か」と思ったら、B'zのultra soulだった。これは斬新。この辺も運営が上手い。

ということで、4時間たっぷり、色々楽しめるところもあって、良かったです。こういう集合ライブは久しぶりの参加だったけど、やっぱり見たこと無いグループを見るのは色々楽しい。

お名前:
E-mail:
コメント:

2006|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|
トップ «前の日記(2012-04-07) 最新 次の日記(2012-04-09)» 編集