トップ «前の日記(2020-01-25) 最新 次の日記(2020-01-27)» 編集

akarik日々メモ

2006|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

2020-01-26

今日の動き

午前中はただひたすら動画の整理。予定していたところまでは進まなかった。その合間に荷物を2件受け取りなど。今日の公演の開始時間が早かったので、今日は昼食にビールは飲まず。少し横になって目をつむる。

13時頃に家を出て、昨日と同じくオリックス劇場に向かい、ハロコンを昼夜鑑賞。後で書く。

帰りは御堂筋線でそのまま帰り、近所のコーナンを少し見て回って、スーパーで鍋の材料を買って帰宅。朝の作業の続きをして、予定まで終わらせてから夕食。ビールと発泡酒を1缶ずつ飲む。その後動画の編集をしたが、眠さに負けて途中で中断、そのまま寝る。

Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ] 〜side A/B〜@オリックス劇場

演目は土曜の昼がA、夜がB、日曜の昼がB、夜がA。Aの方は4列と6列というように席がよく、Bの方は14列(若干降臨が見える位置)と22列で、座席に落差があった。

内容の前に席の感想。初日昼は前だったのだけど、隣のカップルの男客が足でポジションを確保するタイプで、ちょっと邪魔だった。loverysTを着ていたので、それなりにヲタなのだろう。途中で足を気にしない方向に倒して、そこからは雑念なく楽しめた。前列なので写真撮影を期待したが、客席センター方向に背の高い男がいて視線が遮られ、いまいち。正面にメンバーが来たときに色々写真を撮ったが、オリックスはステージが遠いので標準だと小さく、結局デジタルズームを多用したので、あまりいい写真は撮れず。

初日夜は通路から二人目で、右の男性は通路にすこし出てくれて、そちらは広めにスペースが取れたが、左のおっさんが加齢による制御不可で動きが体に触れてきて、それが気になった。

二日目昼は隣の女子が可愛かったが、じっくり見るわけにもいかず。割とヲタで、フリコピも結構していた。左の通路席が空席だったので、体が当たらないようにそちらにずれたら、その女子もずれてきて、結局狭いなあ、と思いながら見る。

二日目夜は隣のヲタがフリコピ系で辛いかと思ったが、早々にこちらが断念して後ろに下がったらそれ配慮の動きになって、割と落ち着いて見られた。むしろ左の女子が若干邪魔だったかも。左は3人組でライブ初見らしくて、生が可愛いと言っていた。

内容はやはりハロコンということでシャッフルが楽しみだったが、Aの世代(期)別シャッフルも、Bの生まれ月別シャッフルもどちらも意外性あって見応えあった。世代の方はエモくなる。伝説のまりあかなともの代とか、れいらが一芸だったと思い出すとか。研修生の期に拘らないチーム組も良かった。Bの生まれ月シャッフルは1月少ねえな、10月多いな、という印象。

Bの方では2グループを組み合わせての演目があり、こぶしとつばきのコーナーが素晴らしかった。れいれいの「好きかもしれない」の大サビの歓声は心打たれた。「今夜だけ浮かれたかった」「シャララ!やれるはずさ」と人気曲を出し惜しみなく使ったのも良かった。

あとは、アンジュルムとBEYOOOOONDSの組み合わせで「眼鏡の男の子」の寸劇をアンジュルムメインでやっていたがたけちゃん(BEYOOOOONDSにいない、鈴ちゃんの告白を応援する女子役)の「ファイト!」が最高だった。

その他ではつばきの新曲2曲は派手さがないけど染みる。他ユニットをバックダンサーに使うステージ演出が、最初にステージ両サイドで二人がソロダンスをしたりする格好良さもあって良かったし。こぶしラスト曲も披露(1曲は初披露)されていたが、さすがの星部さん、手堅くまとめてあった。

お名前:
E-mail:
コメント:

2006|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|
トップ «前の日記(2020-01-25) 最新 次の日記(2020-01-27)» 編集