[weblog(更新中)] [別館(hatena)] [日々メモ] [旧日記バックナンバー]

akarik日記メモ


2006-04-22 [長年日記]

[イベント] Berryz工房コンサートツアー2006春〜にょきにょきチャンピオン〜@大阪厚生年金会館

勢いに乗って全公演申し込んだら東京はずれて大阪ばかりが当たったが、昼公演は3Fのダメ席2枚、という東京在住の知り合いがそれにもめげず下阪してきたので、そのダメ席のご相伴にあずかりました。急遽発生した休日出勤も、2時間弱で適当に片づけて退散する方向で対応し、開始ギリギリに会場着。

始まってからしばらくして、「ああ、『第∪長期』(2ndアルバム)買ったけど一度も聞いてねえや…」ということに気付いたダメ参加者なので、結構知らない曲もありましたが、まあシングル多かったので結構楽しめましたよ。でもまあ、各曲ごとの感想とかはかけないので、さらりと流す。

最初のころに見たライブより、メンバー大分踊れるようになっていて、その辺ではエンターテインメントとしての完成度は上がりましたね。歌はそこまでは成長していないのが残念だけど、まあその辺は体が出来上がらないと成長しない部分もあるのかも知れない。

途中のPV部分の熊井友理奈ランドセル姿は、重要なので項を分ける。その後でも「友理奈様オンステージ」みたいなソロパートもあり、何このプッシュ?と思ったりしました。でも、今まで気付いていなかった部分の魅力を感じられたのは事実。

「あなたなしでは生きてゆけない」はもうセットリストに不要なんじゃないか、と思いましたが、菅谷と夏焼の二人構成になっていて、最後の方に清水ソロダンスパートもあったりして、こういう構成ならやっても良いかな、と思った。あとはやっぱりスペジェネは名曲だなー、とか思いつつ終了。歌好きの私としてはちょっと物足りないんだけど、全体としては楽しかったですよ。

[雑記] Berryz工房とグラビア

Berryz工房ツアー内のPV部分で、熊井友理奈がランドセルを背負って河川敷を歩く、というシーンが挿入されていました。で、事前から噂にはなっていたのは聞いていましたが、確かに噂になるに相違ない出来だった。といっても、あのシーンでランドセルが重要、というわけではないな、と。確かに長身(171cm?)とランドセルのギャップ、というか、「ついこの間までランドセル!」というのは定番のネタなんだけど(まあ、普通は小6までランドセルはしないと思いますが…)。

私もすごく惹かれたのですが、長身の彼女がああいうナチュラルな衣装で、髪を下ろしてというのが凄まじく様になっていた。Berryz工房のグラビアというと、制服姿以外では、どうしても7人の印象付けのために割と派手というか、落差を付けるような衣装の選択が多いんですよね。ローティーンのファッションリーダー、という選択だとそういう感じになる傾向はありますが。実際、このPVで他のメンバーが歌うシーンの衣装はそんな感じだったし。

それに対して、今回の衣装はあっさりしたチェック柄、落ち着いた感じが大人っぽさを演出していました。それに加えていつも束ねた感じの多い髪型も素直に下ろしていて、全体な雰囲気は大人っぽさを演出。それに対しての表情の子供らしさがギャップがあって、かなり魅力的でした。で、毎度のことながらの結論は、ああいうグラビアが見たいな、と。

さすがにまだBerryzソロ写真集は日の目を見ていないわけですが、そろそろ、メンバー中学になってきたしね。まあ最初は嗣永だろうけど、その次は夏焼を飛ばして、熊井友理奈の大人っぽい写真集辺りを希望したい。撮影はアライテツヤ…、は最近ハロプロ系に登板回数多いし、根本好伸は嗣永1stに持っていくとして、素直にいったら西田幸樹だろうし、それがベストだとは思うけど、意表をついて熊谷貫とか、塔下智士あたりでも面白いかも。無理か。

[レビュー] 次原かな(ヤングガンガン 2006 No.9/加納典譲/表紙+8P+袋とじ8P)

巻頭と袋とじで分かれていますが、中身にそれほどの差があるわけでもないです。ヤングガンガンとは思えない、口半開きのエロ表情を連発していますが、それがはまっているのはビジュアルの造りゆえか。下乳、ハミ乳オンパレードで、まるでコミックウォーとかの2番目以降のグラビアのようです。でも、ヤングガンガンだから、という規制とか、手抜きとかの無い徹底具合は評価しても良いんじゃないかな。私の好みのグラビアではないのですが、完成度は高いと思う。(85点)

[レビュー] 小島由利絵(ヤングガンガン 2006 No.9/松本裕之/6P)

グラビア登場、というか雑誌登場が久しぶりの気がするな。どういう活動を、今しているんでしょうか。元々彼女はグラビアジェニックではない、と思っていて(ひどい)、あまりグラビア本線にしない方が良いのでは、とは思いますが。このグラビアでも表情付けは良いんだけど、P4左下とか、P6とか、ビジュアル面で崩れてしまっている部分もあるし。ライバル多い中、厳しいと思う。(65点)

[雑記] その他、購入物

アップトゥボーイ、平田薫のこのグラビアって写真集先行じゃないのかよー。かなり完成度高いし、写真集出して欲しいな、やる気もありそうだし。ブーツに水着(P5)がちょっとエロチックだった。あとは、田中れいなのこちらは写真集先行、とか。この号は写真集絡みのものが多すぎて、ちょっと乗り切れなかった。で、松山まみも写真集先行があるんだけど、ちょっと微妙な気配が…。

[レス] レスなど

coccooさん(4/20):私はハワイ土産といえばマカダミアナッツなのですが…。確かに安直定番選択主義は感じますが、それは大なり小なり過去からあったと思いますし、そこの新陳代謝も(少ないながらも)今でもあるとは思います。昨年だと工藤里紗とかが出てきたりするわけですし。

でもまあ、いわゆる「グラビアアイドル系」とは違う人の登場は少なくなっているのかな。今みたいに「グラビアアイドル系」という形が完全に出来上がってしまうと、通常アイドル(って何だ?)の青年コミック誌のグラビア展開が減ってしまう部分はあって、それは危惧されるところですね。そこは本来(広末・榎本・奥菜でまわしていた)ヤンジャンに期待したいところではありますが。

かけもちさん(4/20):瀬戸早妃に伸びがあるか、というとあまり感じられませんが、ああいうタイプが好きだからか、つい甘くなってしまいます。平田薫写真集は、今月のアップトゥボーイを見るとワニが出す気満々に見えますが、この号では発表なかったので、次号くらいかな。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
かけもち (2006-04-24 20:24)

ゆりん(notホリプロのまがいもの(まだいるのかな?)は少し前までオカルトドラマの殺され役でよく名前を聞きましたが、最近はフットサルにでている程度ではないかと...見たことないので、真偽は定かではありませんけど。ルックス的にあまり変化はないみたいですが、ピアス化したので反応に熱意が欠けます(ひど)。<br>「アップトゥボーイ」はこちらでは明日以降の発売みたいです(しょぼ〜n)。平田薫グラビアはまだどんなものかわかりませんが、ガム島まで出掛けていった撮影なので何かあるでしょう。そういえば、ワニさんのところで松山まみ写真集の表紙が見れますけど、これを見るとついワンクリックしそうなゑろすぶりなんですが、写真集先行カットを見ると微妙なんですか。当初の予定通りに小出由華写真集を買うべきでしょうね(えっ)。写真集といえば、木村佳乃写真集がちょっと気になっていましたが、「FRIDAY」に掲載されていた先行カットを見る限りでは表紙が見せ玉のようですね(ちぇ)。なんだか上原多香子と同じパターンのようなので、熱烈なふぁんさんというわけでもないので、見送りかな...。<br><br>で、べりぃず工房ソロ写真集へのニーズの高まりってふぁんさんの間ではあるのかもしれませんが、今の娘。ソロ写真集シリーズと同じものをやっても、おそらく今度の久住写真集のような醒めたリアクションしか得られないと思います。固定ファン向けに商売していればやっていける存在なのかもしれませんが、長谷部優のようにDreamの楽曲はどうも苦手と敬遠していた私みたいなものでも関心を持ってしまうようなものをぶつけてこないと、内輪ウケで終わっちゃうでしょうね。私としては、しほの涼といった既に強豪の存在するジュニアアイドル市場に殴り込みするくらいの気迫が欲しいところですが、ちとムリだろうな(^^;)。

coccoo (2006-04-24 23:32)

問題)B.L.T6月号「春ドラマパーフェクト名鑑」(P.21〜)は実は完璧ではありません。完璧でない理由を簡潔に述べよ。(10点)<br><br><br>あくまでも予想される解答例)<br>1.紙面の都合で高橋マリ子が載ってないから<br>2.本職はモデルという理由で高橋マリ子が載ってないから<br>3.(有)高橋企画ということで高橋マリ子が載ってないから<br><br>あいにく私は上記の解答くらいしか思い浮かびませんでしたが、紙面を見た際には是非皆さんも考えてみてください。

東の通りすがり (2006-04-25 08:53)

本家ゆりん、地上波ではチュッパチャプスCM位ですが、BS(「ウエンズデーJ-POP」),<br>CS(ch.765「体験!発信!ぼくらの町の科学館」),CATV(J:COM他「21世紀のライト兄弟」等<br>やってます。(サルTEAMdreamは辞めています。)<br>CATVの番組は、ののヲタさんが視ています。

coccoo (2006-04-29 23:55)

レスに困る書き込みしてすみませんでした。ただ絶対載ってると思ってたので、ダメージがでかかった。ゴールデンウィーク前ということでどの雑誌も合併号。スピリッツ藤原紀香と工藤里紗。これは工藤が本グラビアと思っていいのですね?ヤンマガ山崎真実。この子もっとナマナマしく撮った方がいいのでは。かといってSPA!のグラビアンはイマイチだったけど。WPB伊東美咲。インタビューつき。海猫をやる前はほとんど演技指導されなかった、とか何かで読んだんだけど、おいおいカンベンしてくれよ。これ本人にも問題あるけど周りにも問題あるんじゃないの。週刊朝日の表紙は蛯原友里。先週の井上真央の表紙は非常によかった(これが書きたかっただけです)堂本兄弟・食わず嫌いでも笑っちゃうくらいのド直球キャラで、一筋縄ではいかないようなタイプが多いドラマ系アイドルの中では新鮮に映りました。サンデー新垣結衣。つっるつる。なんだろうこの娘さんの質感は。人工的ではないけれど顔のパーツに丸っこい部分がまったくなくて野暮ったさとか生活感が見えませんね。なんつーか「未来からやって来た少女」つーか。彼女や岩田さゆりなんか見てると、もう顔立ちから主張を感じられるのすら男性は嫌になってるのかもしれませんね。「エビちゃんOL」など女性が「私は女性よ!」って主張するファッションやメイクも男性がちょっと引いてしまうというのもそうだし。だったら女性はどーすりゃいいんだって話だが、そんな事言っている人に限って「可愛ければ何着てもいいんだけどね」なんて平気でのたまうケースが多いのでむやみやたらに他者の目ばかり気にするというのもどうかと。話はだいぶそれましたが、チャンピオンでチャンピオンLOVEの加藤ローサのダブルピースポラが可愛かった、ということで終了。合併号で力入れてくる週なのにどうもイマイチどれも手が動きませんでした。

お名前:
E-mail:
コメント:

2002|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|12|
トップ «前の日記(2006-04-20) 最新 次の日記(2006-04-29)» 編集